京都府共済協同組合
組合概要 取り扱い代理所 リンク 個人情報保護 Top
火災共済
自動車事故見舞金共済
交通事故傷害共済
傷害総合保障共済
医療総合保障共済
労働災害補償共済制度


交通事故傷害共済

年齢に関係なく掛金同一!!交通事故や建物の火災によるけがを保障
万一のとき、経済的負担を大きくサポート

特長
乗物との衝突・接触、又は運転中の事故によるけが道路通行中の落下物等によるけが建物・乗物の火災によるけがなどを保障します。
掛金は年額1口2,500円。お一人様5口までご加入いただけます。
1口でも入院日額3,000円・通院日額1,500円等、1日目からしっかり保障いたします。
ご加入に年齢制限はありません


こんな場合に共済金をお支払いします
交通事故によるけが
乗物(自動車、電車、モノレール、ケーブルカー、原動機付自転車、自転車、航空機、船舶、エレベーターなど)との衝突、接触などの事故によるけが。
乗物に乗ったり運転している場合の事故によるけが。
駅の構内(改札口の内側)にいる場合の事故によるけが。
道路通行中、建造物、工作物等が倒れてきたり、建物等からの物の落下、崖崩れ、土砂崩れ、岩石の落下、火炎または破裂、爆発などの事故によるけが。
建物・乗物の火災によるけが
建物(自宅、ホテル、事業所の施設など)の火災によるけが。
乗物(自動車、電車、バス、タクシーなど)の火災によるけが。

上記のけがには、有毒ガスまたは有毒物質による急性中毒を含みます。ただし、細菌性食物中毒は含みません。

自動車にはねられて大けがをした
自動車を電柱にぶつけけがをした
駅の改札口に入ってから階段でけがをした
道路通行中にベランダから落下した植木鉢でけがをした
ホテルの火災でけがをした
バスに乗車中バスの火災でけがをした

保障内容
ご契約口数
1口
2口
3口
4口
5口
共済金の区分
死亡共済金
200万円
400万円
600万円
800万円
1000万円
後遺障害共済金
6万円〜
200万円
12万円〜
400万円
18万円〜
600万円
24万円〜
800万円
30万円〜
1,000万円
入院共済金日額
3,000円
6,000円
9,000円
12,000円
15,000円
手術共済金
所定の手術の種類に応じて入院共済金日額の10倍、20倍、40倍
通院共済金日額
1,500円
3,000円
4,500円
6,000円
7,500円

共済掛金
ご契約口数
1口
2口
3口
4口
5口
年 額
2,500円
5,000円
7,500円
10,000円
12,500円

共済期間
共済期間は共済掛金の振替日の属する月の1日(共済期間開始の日)の午前0時から1年とします。また、共済期間満了の日から2週間前までに、特に通知のない限り、更新継続とします。
共済契約申込日から共済期間開始の日までに生じた上記のけがにつきましては、共済金をお支払いできません。
共済掛金の口座振替が確認できる前に生じた上記のけがにつきましては、共済掛金が振替えられたことの確認ができるまで、共済金のお支払いは行えません。
出資金
 共済掛金とは別に、ご加入時に初回のみ出資1口(100円)をお願いします。
口座振替
 振替日は27日とします。また27日が金融機関休業日の場合は翌営業日とします。
 共済掛金の口座振替が不能となった場合は、共済契約は無効となります。

担保内容、お支払いする共済金の内容

共済金の区分
担保内容
お支払いする共済金の内容
死亡共済金
交通事故や建物・乗物の火災によるけがを被り、事故の日から180日以内に死亡したとき。 1口当たり200万円をお支払いします。
すでに入院共済金、手術共済金、通院共済金および後遺障害共済金がある場合は、その額を控除した残額をお支払いします。
後遺障害共済金
交通事故や建物・乗物の火災によるけがを被り、事故の日から180日以内に約款に定める身体障害の状態(後遺障害)になったとき。 後遺障害の程度に応じて、1口あたり6万円〜200万円の範囲内でお支払いします。
後遺傷害共済金と入院共済金、手術共済金および通院共済金を重ねて支払うべき場合は、同一事故について1口当たり200万円が限度となります。ただし、後遺障害共済金をお支払いした場合は、以後の入院共済金、手術共済金および通院共済金はお支払いできません。
入院共済金
交通事故や建物・乗物の火災によるけがを被り、医師の入院治療を受けたとき。ただし、給付する期間は、同一事故について、事故の日から180日間。 1口当たり、1日につき3,000円を入院共済金日額としてお支払いします。
入院共済金のお支払いを受けられる期間中に、新たにけがをされても入院共済金は重複してお支払いできません。
手術共済金
約款に定める所定の手術を傷害入院期間内に受けたとき。ただし、入院共済金日額の40倍が限度。 手術の種類に応じて、1口当たり入院共済金日額の10倍、20倍または40倍をお支払いします。
1事故によるけがに対して2以上の手術を受けた場合は、そのうち最も支払倍率の高い1つの手術に限り手術共済金をお支払いします。ただし、1事故に基づくけがについて1回の手術に限ります。
通院共済金
交通事故や建物・乗物の火災によるけがを被り、医師の通院治療を受けたとき。(往診を含みます。)ただし、給付する期間は、同一事故について、事故の日から180日間とし、通院実日数90日が限度。 1口当たり、1日につき1,500円を通院共済金日額としてお支払いします。
通院共済金のお支払いを受けられる期間中に、新たにけがをされても通院共済金は重複してお支払いできません。

被共済者が共済期間開始の日以降に上記共済金の担保内容のいずれかに該当した場合には、共済契約存続中に限り、その被共済者について定められた共済金をお支払いします。

共済金のご請求
 共済金の請求事由が発生したときは直ちに当組合または取り扱い代理所に通知してください。
 共済金受取人は60日以内に当組合所定の請求書および必要書類を提出して共済金を請求してください。事故通知がなく60日を過ぎますと共済金をお支払いできなくなることがありますので充分ご注意ください。
お申し込み方法
 ご契約のお申し込みやお問い合わせは、当組合または取り扱い代理所へご連絡ください。




 
 
京都府共済協同組合
〒615-0042 京都市右京区西院東中水町17番地 京都府中小企業会館内
TEL:075-314-7135(代)/ FAX:075-314-7178
メールはこちらinfo@fu-kyosai.or.jp
copyright Kyoto-fu Kyosai all rights reserved.